理念
「三方よし」の幸福追求

私たちが考えている「三方よし」とは、「お客様・自社・社会」が幸せになる事です。お客様は勿論のこと、幸福追求の原動力となる社員、パートナー様、そして関わる地域社会を含めた、皆が幸せになれる事業となるよう、邁進します。

ミッション
「IT・テクノロジー」で、「つくる人」と「つかう人」をワクワクさせる

「つくる人=エンジニア」と「つかう人=ユーザー」の両視点を大切にし、つくる人とつかう人を「ワクワク」させるために何をするか?を常に問い続け、喜ばれる価値のご提供をします。「ワクワク」の定義は下記となります。

  • 夢を膨らませる
  • 希望を抱く
  • 心を弾ませる
  • 心を躍らせる

ビジョン
「人らしさ」を追求し、ありがとうを「つくるひと」を増やす

「人らしさ」を追求する、と言えばITにおいては矛盾が生じやすいかもしれません。ITの発展において、世の中を便利にしたり人々が豊かになる反面、ITに固執すぎると「人らしさ」の輝きがなくなりやすく、人とのコミュニケーションが希薄になったりもします。

業務効率化、コスト削減もITのなせる大切な業ですが、喜ばれるモノづくりをする際に「人らしさ」の価値を最大化しなければ、より良いモノづくりもできないと考えます。お客様も「人」である以上、心があります。IT・テクノロジーだけでは解決しきれない、お客様の心まで満たせる「ヒューマン・カンパニー」を目指します。

代表メッセージ

「併走型IT支援」でお客様を「HAPPY」に

年々IT需要が盛り上がりを見せる中、私たちがご支援させて頂く機会も増えております。その反面多くの課題やトラブルも旧態依然として解決されていない事実がございます。具体的には、

  • 短納期で無理難題なスケジュール
  • 不必要な機能の多さから無駄な作業が多い
  • 仲介会社が増える事による無駄なコストが増大、コミュニケーショントラブルなど

結果として全く使えないシステムを導入される事に私たちは疑問を感じます。業界の様々な課題に対峙し続け、在るべき姿やミッション遂行のために当社を起業いたしました。

より良いサービスの価値提供を行うために、お客様と「併走型IT支援」を行ってまいります。

代表取締役 藤田 竜一